英文校正の分野で活躍できる人の経歴とは

>

英文校正の分野で活躍できる人に関しての経歴や特徴とは

過去に比べダントツに多くなった外国人の数

近年は昔に比べて外国人の来日数が急増しており、また日本に住んで働いている人の数も昔と比べ大きく変わりました。
そういった傾向から企業のビジネスも外国のクライアントとやり取りすることが出てきて、外国人と商談をしたりメールをやり取りすることも多くなってきました。
企業の中ではもう既に活動の拠点を海外に据えて活動している企業も多くなってきており今やビジネスの国際化は当たり前の状態になっています。
日本にやってくる外国人と商談する場合はまだよいのですが、電話やメールでの商談となると英語ができないとお手上げで最悪日本語のできる外国人を雇わないといけなくなります。
やはり英語教育の遅れている日本では至急これからの時代のために英語を国民が習得する必要があるのではないかと強く思います。

日本は短期間でグローバル化した国

特に日本は短期間で国際化に進んだ国なので教育などで英語を対応するといったことに消極的なまま来てしまったので、海外諸国に比べると遅れているともいえます。
事実40代以上のサラリーマンはほとんど英会話ができない人が多いので、これからのビジネスケースには対応が難しいといわれていますし、実際そういったケースには若い世代の社員が対応している状況もあります。
それを踏まえると至急国民に英語を習得してもらうことがこれからの日本の環境には必要なことではないかと思いますし、実際対応していかなくてはいけないことにも感じます。
もはや世界の共通言語は英語といわれて久しい現代ですので国民全体が英語を操れるようにならないと本当のグローバル化とは言えないのではないでしょうか。