英文校正の分野で活躍できる人の経歴とは

>

英語が読み書きできることがグローバル化への近道

ここ数年で急増した外国人の生活している人

また日本へやってくる外国人だけでなく実際に日本に住んで働いている人や勉強している人の数も大幅に増えており、日本の会社だが外国人が経営している会社というのも圧倒的に増加しています。
そうすると会話や文章のやり取りは英語が主になってくるはずですのでわれわれにも対応の変化が求められています。
もちろん、日本に住んでいる外国人は勤勉なので日本語をほとんどの人が操ることができます。
しかし、扱っている品物や技術が外国製のものだったりした場合にはどうしても英語を使うケースが出てきますのでスムーズな意思の疎通を行うには英語が欠かせない状況になってきます。
外国人の勤勉さを見習って我々も英語を習得できるように努力しなくてはいけません。

われわれ日本人も英語ができないといけない

やはり、英語を覚えることはこれからのグローバル社会には欠かせないことであり、今まで日本人が最も後回しにしてきたことではないかと思いますし、実際、日本の英語教育は海外諸国から比べるとずいぶんと遅れており、人材の海外進出を妨げる原因にもなっているのではないかと思われます。
大学はまだましなほうですが高校や中学、小学校に至ってはようやく2020年から必修科目になるという状況す。
これからの世代はまだよいのですが、社会で上部の地位を占めている40代以上の世代がほとんど英語ができないというのは致命的でビジネスの飛躍に大きなブレーキをかけているといえます。
この世代が苦労して英語をもっと学習しないといけません。